ズボラ主婦のゆるっとブログ

家事、育児、旅行、海外生活について。イギリス→アメリカ→現在はオランダで駐妻してます。

我が家の断乳記録(1歳3ヶ月)

こんにちは😃

 

 

夜間断乳から始める人が多いようですが、我が家ではお昼間断乳から始めました。(日中なら代わりにご飯やお菓子をあげられるので。)

 

予告なしに突然断乳するやり方等、色んな断乳方法がありますが、「我が家では予告あり断乳」をしました。

 

 

断乳に向けて大事な心構えからご紹介します。


1)ママ自身の断乳への決意が重要!!

→授乳に縛られているのは大変だったけど、母にしかできない幸せな時間。

いざ無くなるとなると、すごく寂しくなるなぁと断乳決断には勇気と時間が必要でした。

 

2)断乳すると決めたら絶対に再開しない!!

→一度でも再開してしまうと、「泣けばもらえる」となり、再度断乳するのがより一層大変になります。ママも子供自身も辛い。

 

だいたい3日ほどで、パイさんを諦めることが多いみたいです。

 

3)海外在住の方は、断乳後の胸のセルフケアについても調べておきましょう。

日本のように「母乳外来」なんていうケアをしてくれるところはありません。(アメリカにはありませんでした)

 

●用意するもの

・カレンダー

・絆創膏

・搾乳機(断乳後の胸のケア用に。手絞りを推奨していることもありますが、私には辛すぎたので搾乳機があって本当に良かった!!)

 

 

●具体的な断乳方法については以下↓↓

 

断乳日の決定(金曜日などご主人がお休みの週末がベター。胸が張って辛い場合はご主人に抱っこやお風呂をお願いしよう。)

 

断乳決行日の2〜3週間前からカレンダーを見せながら、『もうパイさんバイバイだね〜』と毎日のように教える。

 

③最後の授乳時に『これでパイさんはバイバイだよー』と伝えて思う存分飲ませる。

娘は、夜の寝かしつけ〜夜中3時間おき〜翌朝一の目覚めまで飲んでいましたので、【最後の授乳は朝の起床時】です。

 

☆寝かしつけ時のみの授乳であれば、【寝る前が最後の授乳】です。

 

 

④飲み終わりの時に『もうバイバイだよ。もうお終いにしていい?お腹いっぱい?』と最終確認をします。

 

⑤必須ではありませんが、『今までたくさん飲んでくれてありがとう』と感謝を伝えました。

 

⑥お風呂に入る時から乳首に絆創膏を貼っておく。(断乳後3日間くらい貼っていました。)

 

断乳後欲しがっても断固拒否。再開したらもっと大変になります!

しばらくはパイさんを覗きに来たりするけど、『おっぱい工場さんはもうやってない。出てこないのよ。』と教えましょう♪

 

断乳を決めた理由は以下↓↓

・とにかく夜中の細切れ睡眠が辛く、イライラしやすかったから。

 

・授乳による虫歯が心配だったから。

 

・1歳半以降に断乳しようとすると、子供の意思が強くなり執着が増すため難しいと聞いていたから。

 

・ご飯をもっと食べて欲しかったから。

→夜の授乳を期待してか、夜ご飯をあまり食べなくなっていました。

逆に、日中断乳をしてからはお昼間はよく食べるように。

 

 

少しでもお役に立てれば幸いです♪

 

お読みくださりありがとうございます^_^