ズボラ主婦のゆるっとブログ

家事、育児、旅行、海外生活について。イギリス→アメリカ→現在はオランダで駐妻してます。

子供のはみがき対策〜魔法の言葉は○○〜絵本の紹介も  

f:id:nostress:20200106073302p:plain

こんにちは😃

f:id:nostress:20200106073028p:image

仕上げ磨き、苦労してませんか?

 

2歳9ヶ月の娘は、今でこそやーっっと、割とスムーズにやらせてくれるようになりましたが。

 

これまでの道のりは長かったですね。

 

アメリカで小児科医に相談したら、

『頭を押さえつけてでもしっかり磨くように!!』と言われました。

 

 

頭と顔を押さえつけても、なかなか口を開けてくれずそれは大変でした。

 

今までで一番効果があった対策は次の三つです。

 

①魔法の言葉

→『明日も甘いもの食べようねー^_^』です。

 

磨かせてくれるなら、何でも良いんです☆

背に腹は変えられません。

 

 

魔法の言葉はお子さんの好みに合わせて変えてください♪

→・『明日もお菓子食べる?』

・『明日もチョコ食べる?』   etc.

何でも◎

 

②歯磨き場所を変えてみる

→今までリビングで行っていたものを、廊下の鏡の前に変更しました。

 

・『歯磨きしに行こう』と言って場所を移し、ママも子供もそれぞれ自分で歯磨きをします。

・ママの歯磨きが終わったら、口をゆすぎに洗面所へ。

・ママのお膝に寝転んで 仕上げみがき!!

 

③『○○ちゃんも今仕上げ磨きしてもらってるんだって』と言う。

→「一緒である」ことが嬉しい娘には効果大です。

 

 

実は1歳8ヶ月頃までは歯ブラシは使わずに、ガーゼでサッと拭いているだけでした;

 

お菓子を覚えるようになってからは、流石にガーゼだけではダメだろうと歯ブラシへ。

 

 

今までに試してきたことは以下です。

1)ママの歯ブラシを子供に持たせて、お互いの歯を磨き合いっこする。

 

2)鏡を持たせて歯磨きをする。

(出来ればしまじろうの鏡が欲しかった!日本在住であれば、メルカリで購入するのはオススメ☆   海外からだとアクセスが出来ないんです。。)

 

ちなみメルカリサイトはこちら↓↓

https://www.mercari.com/jp/search/?keyword=%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%98%E3%82%8D%E3%81%86+%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%BC

 

 

3)歯磨きの歌や動画を見せる。

 

4)普段ママであれば、パパにお願いする。(逆も然り)

 

5)歯磨きの絵本を読む。「しあげにはみがきもういっかい」

→当時は絵本効果をすぐには得られませんでしたが、娘のお気に入り絵本に仲間入りしました。

 

※繰り返し読んでいるうちに内容を理解したのか、はみがきを嫌がらずに効果が出てきたように思います。

 

【読むときのポイント】

・登場人物をお子さんとお友達や兄弟の名前に替えて読みましょう。

 

 

とってもオススメな本なので友人何人かに貸しました。

絵のタッチが可愛く、色もカラフルなので、月齢が低いお子さんでも楽しそうに読んでいるようです。

 

文章は少し長めでも、じっとお話を聞いて楽しんでいたとのこと♪

 

6)キャラクターの歯ブラシを子供に選ばせる。

 

7)歯磨き粉を子供につけさせる。

 

☆効果は一時的であったとしても、効果ゼロよりは良し!

良かったら試してみて下さい♪

 

 

お読みくださりありがとうございます^_^