ズボラ主婦のゆるっとブログ

家事、育児、旅行、海外生活について。イギリス→アメリカ→現在はオランダで駐妻してます。

【赤ちゃん】体動センサー「スヌーザヒーロー」のすすめ

f:id:nostress:20210315091921p:plain こんにちは😃

長女誕生のときから使っているスヌーザヒーローの紹介です。

オムツに付けて腹部の動きをモニタリングしてくれるセンサー

無事に産まれても、 今度は「無事に育つんだろうか?」「ちゃんと息しているんだろうか??」と心配が尽きない日々ですよね。

特に怖いのがSIDS(シズ:SuddenInfantDeathSyndrome)乳幼児突然死症候群。   (←読み方はサイズだと思っていました^ ^;どっちもあり?)

少しでも安心感を増やす精神安定剤の一つとして購入しました。 オススメです。 ※SIDSを防止するものではなく、センサー任せに出来るものではありません。

Amazonオランダでも売っています。

長女出産の病院では、赤ちゃんは皆んな体動センサー付きのマットの上に寝かされていました。 「退院してもこれが欲しい!」と思いましたが10万円はする代物。 が、流石にこんなにお金はかけられない^ ^;

   ⇒結果、バウンサーやハイチェアーに移動させた時でも装置を付けたままでいられるので良かったです^^

【外すタイミング】 →抱っこ紐で抱っこする時。装置がお腹を圧迫したら痛いかなと。

【誤作動対策】 あまりにも誤作動が多く、赤ちゃんが起きてしまう  という時の対策には次の二つが有効なんだそう。

①腹巻きをつける;身体が小さかったり、横向きで寝がちだとセンサーが浮いてしまうから。

②背中につける;うつ伏せ寝をしがちなお子さんに。

SIDS発症軽減策の四点】調べてみると → ①うつ伏せ寝は避ける ②タバコはやめる ③できるだけ母乳で育てる(※人工乳がSIDSを引き起こすわけではない) ④衣服を着せすぎたり温めすぎない 

なかでも、④衣服を着せすぎたり温めすぎない  は意外であり注意したいと思いました。

ちなみに、スヌーザヒーローを購入した大きなきっかけは妊娠中のトラブルです。⬇️⬇️

●妊娠中に受けたNSTノンストレステスト(母体がリラックスした状態の時に赤ちゃんの動きや心拍をみるテスト)でのトラブル。

「胎動のわりに心拍数が少なくて」再検査→「急に心拍が消えた」→緊急入院をして翌日に無痛分娩で出産→入院中に唇の色が紫色に見えたことがある(チアノーゼの疑い)

結局、妊娠中の心拍が途切れた原因は分からず、無事に出産し元気もりもりに成長中◎

スヌーザヒーローでSIDSが防止出来るわけではないし、体動センサーなしでも何事もなく育つ子は育つので心配しすぎも良くないとは思います!

長女の1ヶ月検診時にセンサーの話をしたら、ベテランのおばあちゃん先生には『そんなの付けて気にしてたら、お母さんが病気になるからやめなさい。』と言われました。😅

→やめませんでしたけど◇

ご参考になれば嬉しいです♪

お読みくださりありがとうございます^^